【Minecraft】Cooking for BlockheadsMOD解説その2

前回は便利ブロックのクッキングテーブルの作り方、キッチンカウンター、オーブン、シンク、冷蔵庫の基本ブロックを紹介しました。

今回は、他のアイテムと小物を紹介していきます。

Cooking for Blockheads解説その2

解説その1では、クッキングテーブルからブロックをつなげないと機能しないという話をして終わりました。

Minecraft,Cooking for Blockheads

今回はあえてこの設置位置からスタートします。

まずはこの設置位置でクッキングテーブルを機能させる方法から説明していきます。

ブロック同士接していない場合には、床を繋げて機能させていきます。

スポンサーリンク




Kitchen Floor

Minecraft,Cooking for Blockheads

石炭ブロックとクォーツブロックで12個か黒と白のコンクリートブロックで4個作ることができます。

Minecraft,Cooking for Blockheads

ぶっちゃけこれだけで機能します…

見栄えが良くないのでキッチンエリア全部タイルに変えました。

Minecraft,Cooking for Blockheads

今日はここからキッチンにあると便利なアイテムを作っていきます。

まずは

Milk JarとCow in a Jar

Minecraft,Cooking for Blockheads

ミルクバケツとガラスと木材でミルクジャーができます。

牛入りミルクジャーの作り方に関しては、以前記事にしたのでこちら↓をご覧ください。

今回は、農場・牧場地区の牛農場を作りました。 画像手前部分が放牧スペースで、奥が牛舎です。 場所は以前作った羊牧場の裏側...

牛入りミルクジャーは時間経過でミルクがたまっていき、ミルクを使う料理の時にはここから使われていきます。

バケツで直接ミルクを汲むこともできます。

Toaster

Minecraft,Cooking for Blockheads

石のボタンと鉄のトラップドアとマグマと鉄インゴットで作ります。

Minecraft,Cooking for Blockheads

バニラのバンを右クリックで2個セットしてからもう一度右クリックすると、数秒後Pam’s HarvestCraftMODのトーストになって飛び出します。

Fruit Basket

Minecraft,Cooking for Blockheads

フルーツバスケット。

木材のハーフブロックと木材の感圧板で作ります。

Minecraft,Cooking for Blockheads

アイテムとしてテクスチャがあるものなら食べ物のみならず、なんでも乗せることができます。

スポンサーリンク




Spice RackとTool Rack

Minecraft,Cooking for Blockheads

木材のハーフブロックでスパイスラックが作れます。

木材のハーフブロックと銀塊でツールラックが作れます。

Minecraft,Cooking for Blockheads

ツールラックにはアイテムとしてテクスチャがあるものならなんでも掛けられるようです。

スバイスラックにはブロックも置くことができます。

ここに置いたPam’s HarvestCraftMODの調理器具もしっかり使ってくれます。

※Pam’s HarvestCraft  Cutting Board

Minecraft,Cooking for Blockheads,Pam's HarvestCraft

※Pam’s HarvestCraftMODを導入してないと使えません。

Pam’s HarvestCraftMODのカッティングボードをブロックの上に設置することができます。

各種Unit

オーブンと冷蔵庫に機能を追加するアイテムです。

Heating Unit

Minecraft,Cooking for Blockheads

銀塊と鉄インゴットとコンパレーターで作ります。

暖房ユニットを持ってオーブンに右クリックすると、電源を供給できるようになります。

作者様のダウンロードサイトによると、Forge Energy Compatible modsという他のMODが必要のようなので、私の環境では使うことができませんでした。

Forge Energyに対応した他のMODの電源があれば、オーブンにこのユニットを適用すれば電気で動きますよ ということでしょうか…?

Ice UnitとPreservation Chamber

Minecraft,Cooking for Blockheads

アイスユニットは雪玉と鉄インゴットとコンパレーターでつくります。

アイスユニットを冷蔵庫に右クリックすると、クッキングテーブルで料理を作る時、雪玉が無くても雪玉を使う料理を作ることができるようになります。

保存室用のユニットはレッドストーンと鉄インゴットとコンパレーターで作ります。

保存室は冷蔵庫に右クリックすると、材料の最後の1つを使い切らないようになります。

スポンサーリンク




キッチンセットの色の変え方

Minecraft,Cooking for Blockheads

色を変えたいブロックに、染料を持って右クリックするとその染料の色になります。(オーブンは不可)

何度も色の上書きが可能です。

Minecraft,Cooking for Blockheads

クッキングテーブルとカウンターとコーナーだけ色を変えてみました。

※クッキングテーブル・カウンター・コーナーは、バニラのテラコッタの色になります。

私のワールドはリソースパックMizuno’s 16 Craftを使用しております。

Mizuno’s 16 Craftの黒色のテラコッタは、白い枠が付くので画像のようなキッチンになります。


Cooking for BlockheadsMODで追加されるブロック・アイテムの説明は以上になります。

今回解説させていただいたのはCooking for Blockheads↓

Adds a cooking book and multiblock kitchens that only shows recipes you can make with what you currently have in your inventory.

紹介させていただいたCooking for BlockheadsMODの最新の情報は、作者様のダウンロードサイトのファイル>最新バージョン>変更ログから確認することもできます。

Minecraft,Cooking for Blockheads

ダウンロードサイトのコメント欄からも作者様の回答など新しい情報を得ることができます。

おまけ

当サイトは、建築メインのブログなのでキッチン以外の部分の内装もつくってみました。

ここからは他のMOD有です。

Minecraft,Cooking for Blockheads

個人的には、フルーツバスケットのバリエーションが増えたらいいなぁ…と思っております。

食べ物以外の物も乗せられるとなれば、

クオーツブロックで白いバスケットとか

黒いブロックで黒いバスケットとか

羊毛でチェック柄のバスケットとか

キッチン以外でも色々な場面で活躍できそうだなぁ…

Minecraft,Cooking for Blockheads

2回はベッドのみ…

2018年11月19日追記

ウォールキャビネットが追加されたので、キッチン改造しました。

Minecraft,Cooking for Blockheads

元のキッチン。

追加されたブロックは、吊り棚で、天井にピッタリくっつけることができる棚です。

なので、冷蔵庫の上の段につけてみました。

Minecraft,Cooking for Blockheads

冷蔵庫の上に設置したかったので、ウォールキャビネットの上に他の雑貨を置いてみました。

なんか天井が高かったんですよね…

Minecraft,Cooking for Blockheads

やっぱり、棚の上に荷物置いてるってあんまりないかな…

この棚の作り方は解説1の方に追加しておきました。

私のワールドで使用させていただいている、Cooking for BlockheadsMODの紹介を兼ねた解説をさせていただきます。 紹...

最後までご覧いただきありがとうございます。

私のワールドでは色々なリソースパックからテクスチャをお借りして、MOD追加ブロックのテクスチャを色々変更して遊んでいます。

お借りしているAlvoria’s Sanityを含め、使用MOD・リソースパック一覧でまとめております。

※注意※ MODの導入は自己責任で! すでにセーブデータがある場合は、必ずバックアップを! この記事で起きたトラブルについては一切の責任を...