【石造りの街】かぼちゃとスイカの自動回収工場を建築!

前回に引き続き、工場建築です。

かぼちゃと、スイカの自動回収機の建物を作りました。

Minecraft

おもに煉瓦ブロックで外側を作り、内側の壁は前回同様Biomes o’ plentyMODの泥の煉瓦ブロックです。

階段ブロックや、ハーフブロックを使って窓っぽい隙間を作っています。

かぼちゃや、ジャックオーランタンを使ってかぼちゃ工場ですよーとしています。

スポンサーリンク




Minecraft

サトウキ工場と同じなんですが、HeatAndClimateMODの皮のコンテナを使って、中の装置は機械的にしています。

かぼちゃ自動回収機は、以前作らせていただいたものと同じものを使用しています。

その時の記事はこちら。

光源としてTerraqueousMODの紙から作れるライトを使ってますが、材料にグローストーンを使うのでちょっと高コストです。 という...

前回の回収機は、ホッパー付トロッコを走らせたものだったんですが、こちらっもホッパー付トロッコが消えてしまわないように、前面に並べました。

Minecraft

余すことなく回収するためにホッパー付トロッコを、4列に並べました。

スポンサーリンク




次は、スイカの回収工場。

Minecraft

下の土台の部分は、おなじみの泥煉瓦ブロック。

上段は緑色のブロック、テラコッタやコンクリートブロック、TerraqueousMODのペーパーブロックを使って、レンガ風に2ブロックづつ互い違いに設置しました。

TerraqueousMODのペーパーブロックは、元の白色のブロックを設置してから、染色すると、薄い色から徐々に色が付いていきます。

ペーパーブロックと染料をクラフトすると、その色のブロックにもなります。

あとは、窓として、TerraqueousMODのトラップドア(テクスチャを変更しています)を付けました。

Minecraft

建物の側面も同じ構成で作りました。

Minecraft

私の場合、スイカはあまり使いどころがないので、半分の回収機です。

Minecraft

スイカは、ピストンでアイテム化すると壊れてしまうので、TerraqueousMODのクラフト台で固めて下のチェストに入るようにしています。

Minecraft

外側からだと、別の建物に見えますが、中はつながっていて狭いですが、全機行き来することができます。

今回の装置の装飾には、HeatAndClimateMODのシャフトを使ってみました。

そういえば、前回屋根の画像を撮り忘れていたので、三棟分の屋根の画像を。

Minecraft

普段下を歩いているので見えませんが、屋根は、正面の壁よりも少し上方向に飛び出すような作りをしています。

なんとなく…


最後までご覧いただきありがとうございます。

私のワールドでは色々なリソースパックからテクスチャをお借りして、MOD追加ブロックのテクスチャを変更して遊んでいます。

お借りしているAlvoria’s Sanityを含め、使用MOD・リソースパック一覧でまとめております。

※注意※ MODの導入は自己責任で! すでにセーブデータがある場合は、必ずバックアップを! この記事で起きたトラブルについては一切の責任を...
スポンサーリンク







シェアする

フォローする